2018年12月アーカイブ

戸籍とか国籍とか

知り合いと国籍の話になって、国籍は結党でいうべきなのかパスポートでいうのか、、
ってちょっと話してました。
住んでいる国の国籍を持っているけれど、両親は違う国の人だと、
「自分はxx人」のところはどういうのか、、、というね。

多くは血統や出身でいいます。
たとえば日本人として日本で育ったけど、どこかの国で国籍を変えてしまった場合でも
「自分は日本人です」という具合。
難しいな、って思ったけど、こうやってる人は世界中に非常に多くて、別にどうってことないらしい。
極端なこというと、自分の国(親の国)に行ったこともなくて別の国で生まれてそこの国籍なんだけど、
「僕はxx人」ってずっという人もいるんですね。
行ったこともないのに...笑

では戸籍はどうか。
戸籍制度がある国はすくないので、日本人でいえば、戸籍がない人はいまでもけっこういるらしくて、
戸籍がないと就職もできないし、結婚もできない、
どうみても日本人で日本語が出来ても、その証明が出来なかったらその人はずっと無戸籍のままなんですって。
どう証明したらいいのか、ですけど、複雑みたいですねー。
そうならないようにしなくては、ですけど、まだ法律の整備も出来ていないらしくて。
なんだか、、、可哀想だ。。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このアーカイブについて

このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年11月です。

次のアーカイブは2019年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。