台所のリフォームと看護師としての年収アップ

先日友人に「台所がもう少し広ければな~」なんて話をしたところ、「台所は整理の仕方によっては狭い方が使い勝手が良くなる事もあるよ」と言われました。
インテリア雑誌なんかには広くてスッキリしたキッチンが掲載されていますが、広いだけが使いやすい台所ではないと。
広くても整理の仕方が悪いと、かえって調理中に移動する範囲が多くなり面倒だと言われました。
うーん確かにそう言われるとそんな気もしますよね。
なるほどな~という感じです。

使い勝手の良い台所にするには私のように取り合えず何でも棚や引き出しに仕舞ってしまうのではなく、よく使う物を常に出して置くのも良いと言われました。
例えば菜箸、お玉、フライ返し等の調理器具は毎日必ず使う物なので出しておくと良いと。
我が家は台所が狭いので、取り合えずスッキリ綺麗に片付けるのが良いと思い全てを引き出しや棚の中に仕舞っていたのですが、確かに毎日何度も引き出しを開けたり閉めたりしていますよね。
調理中だとすぐに取り出せなくて手間取った事も多々あります。
毎日使うものなら外に出して置いてもホコリが付く暇もないですし、調理効率も上がるのでオススメなのだとか。
本当にそうですよね。

試しに友人の台所を見せてもらいましたが、菜箸・お玉・フライ返し・缶切等が壁にフックで掛けられ、よく使う調味料も小さな棚を壁に設置して置かれていました。
なので調理台はスッキリしているものの、必要な物はちゃんとすぐに使えるようになっていました。
私は何となく全て中に仕舞いこんでいましたが、友人の台所の方が格段に料理がはかどりそうです。
また壁に掛けるときは何か一枚シートを壁に貼るのが良いとか。
調理中に取るとたまに壁が汚れる事があるので、壁の種類によっては汚れが落ちなくなるそうです。
我が家の場合は材質的に汚れが落ちなくなる心配はなさそうですが、インテリア的には可愛いシートを貼り付けると良さそうかな。
調味料も調理台に並べると邪魔ですけど、壁に棚を作って並べるのはオシャレで良いですよね。
これは私も以前からやろうかな~と思っていたので、早速良い棚をインターネットで探してみるつもりです。

狭い台所の利点は"動かずに調理が出来る事"なので、その利点を最大限に活かす収納を心がけると良いのだとか。
今までデメリットと思っていた事は考え方や収納方法によってはメリットに変える事が出来るんですね、勉強になりました。
我が家の台所でも十分に出来る収納方法なのでかなり役に立ったかな。
狭いながらも使い勝手が良い気に入った台所に出来れば、毎日の料理も楽しくなりそうですよね。

台所の話が長くなりましたがそろそろ看護師として年収を上げたいところ。
そろそろ本気で考えないとなあ。子供のこともあるし。。。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、ひびきが2013年2月 4日 12:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夜勤ナースの休日」です。

次のブログ記事は「夜勤と日勤のはざま」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。